• 春日部駅徒歩7分-シニア・初心者の方とやさしく楽しく学ぶパソコン教室です。

    みなさん、こんにちは!
    春日部駅西口パソコン教室PCナッツ春日部校「マッキー」です

    新米の美味しい季節になりましたね。
    みなさんは、美味しいご飯は炊けていますか?
    今回はラジオ番組で「お米マイスター西島豊造さん」が
    紹介していた「美味しいご飯の炊き方」で
    先日購入した圧力鍋で炊いてみました~
    ※お米マイスターとは、お米に関する幅広い知識を持った
    「お米の博士号」ともいえる資格のようです。

    ポイント

    ●1番最初のすすぎと炊く時のお水は、冷やした浄水を使う
     (米の甘みと粘りが強くでる)

    ●研ぐときは優しく、丁寧、そして素早く
     (研ぎ過ぎると汚れた水が出て米の表面が割れてしまう)

    ●水が澄むまで研がず少し濁った状態でOK
     (薄い濁りはデンプンで米の甘みや美味しさの元になる)

    まず、お米とお水を冷蔵庫で冷やしておく
    (浄水器を通したお水かミネラルウォーター)

    今回は1合でしたので500ml準備

    次に研ぎ方です

    1.ボールにお米を入れ、冷えた浄水を一気に入れ
     軽く混ぜ、すぐに浄水を捨てる(10秒以内)
     (最初に入れるお水は、お米が一気に吸い込むため浄水に)

    2.2回目以降は水道水で、また軽く混ぜてすぐに水を捨てる
     (10秒以内)

    3.3回目は、軽く混ぜるような感じで20回お米を研ぎ
    水道水で素早く2回すすぐ
     (精米直後のお米はここまででOK)

    4.精米後半月以上経っているお米は
    更に10回軽く研いで水道水で2回すすぐ
     (お水が薄く濁った状態になる トータル約1分半以内)

    5.お水を捨てたら、すぐに炊飯器に入れる
     (ザルにあげて乾かしてしまうと粘りが出ない)

    6.新米、古米にかかわらず、お米の合数のメモリに合わせ
      冷えた浄水を入れセットする

    ※冷水で炊く理由は、沸点まで上がっていく間が
     長ければ長い程、甘みと粘りが強く出るため。
    ※最近の炊飯器は性能が良く、浸水時間もプロムラミング
    されているため、浸水の必要は無し。

    今回は圧力鍋で直火のため、30分浸水させました。

    作り方はとっても簡単!

    圧力鍋にお米と冷やしたミネラルウォーターを入れ強火で加熱

    「白米オモリ」をセット

    オモリが勢いよく振れたら弱火にして1分加熱し火を止める
    (圧力がかかり内圧表示ピンが上がっている状態)

    火を止めたら内圧表示ピンが下がるまで予熱調理

    火をかけてから予熱調理が終わるまで約20分
    ふっくらツヤツヤに炊けました~

    ご飯が炊けたら、ご飯がベタつかないよう
    余分な水分を飛ばす飯切りです。
    しゃもじで十文字に切り込みを入れ、1/4ずつご飯を底から
    ひっくり返すように、上下を入れ替えてほぐす程度。
    (ぐちゃぐちゃかき混ぜてしまうとベタついてしまう)

    最後に布巾をかぶせて蒸らします

    結婚して、?十年、今までで一番美味しく炊けました\(^o^)/

    もっちりとして甘みがあって、と~っても美味しかったです!

    圧力鍋の高温調理でお米のデンプンが完全にアルファ化するため
    美味しい早炊きが実現できるようです。
    ※アルファ化とは、お米から完全に炊き上がったご飯になること

    自宅にある10年以上前の古い炊飯器でも試しましたが
    圧力鍋には負けました(^^;

    圧力鍋はお勧めですが、無くても、最近の炊飯器であれば
    美味しく炊けると思いますよ(^^)
    ぜひぜひ、お試しを!!

    by マッキー


    Subscribe
    Notify of
    0 Comments
    Inline Feedbacks
    View all comments